北海道震度7地震 本州からの送電は頭打ち、強制停電の装置は3回作動… ブラックアウトまでの周波数の動きを公表

 北海道の地震に伴う全域停電(ブラックアウト)をめぐり、電力広域的運営推進機関(東京)は19日、地震発生直前から全域停電に至るまでの電力の需給バランスを示す道内の周波数の動きを公表した。本州からの送電拡大に加え、一部を強制停電して需給バランスを整える装置が3回作動。周波数は地震前の水準を一時回復したが、苫東厚真(とまとうあつま)火力発電所で地震後も動いていた1号機が力尽きるなどして全域停電が起きた。

 周波数は地震前まで通常の50ヘルツ近辺で安定していたが、6日午前3時7分の地震発生の1分後に苫東厚真2、4号機が自動停止した衝撃で一時46・13ヘルツまで急低下。本州からの送電が急速に拡大し、一部を強制停電して需給バランスを回復させる装置も作動したことで、数分後には地震前の水準に戻った。

 ただ、大地震の影響で本来は未明に使わない照明やテレビの需要が増えると周波数は再び低下。本州からの送電が上限の60万キロワットで頭打ちになる中、周波数は不安定な動きを続けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ