避難者なお915人 断水は3市町で704戸 北海道

 北海道は20日、地震による避難者が同日午前8時現在、厚真町の459人を含め5市町で915人になったと発表した。

 6日午前3時7分に最大震度7を観測した地震は、発生から2週間を迎えた。

 道によると、死者は厚真町36人のほか、苫小牧市2人、札幌市、むかわ町、新ひだか町で各1人。負傷者は692人に上った。断水は厚真町など3市町の704戸。

 建物は全壊が302棟、半壊が270棟、一部損壊が2039棟だった。

 道は19日に全壊252棟、半壊410棟、一部損壊1941棟と発表していたが、一部の建物について用途が明確でないとして、いったん計上から除外した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ