台風24号、勢力維持したまま沖縄接近

 大型で非常に強い台風24号は27日、沖縄の南の海上を北寄りに進んだ。勢力をほぼ維持したまま、29日には沖縄や奄美に接近。その後、速度を上げて日本列島を縦断し、30日には西日本で大荒れの天気になる恐れがある。

 沖縄では28日、猛烈な風が吹き、海は猛烈なしけになる。28日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄30メートル(45メートル)。波の高さは沖縄11メートル、奄美8メートル。沖縄、奄美では29日は風がさらに強まり、猛烈なしけが続く見込み。

 また28日から沖縄を中心に大気の状態が非常に不安定になり、雷を伴った非常に激しい雨が降り、29日にかけて大雨になるもよう。秋雨前線の影響で西日本でも雨量が多くなる恐れがある。

 28日午後6時までの24時間予想雨量は多い地域で奄美120ミリ、沖縄、九州南部100ミリ。その後の24時間は沖縄200~300ミリ、九州南部、奄美、四国、中国100~200ミリ、九州北部100~150ミリとみられている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ