29日の空の欠航300便、3万人超影響 台風24号 非常に強い台風1カ月に2度上陸なら史上初

 大型で非常に強い台風24号は28日、沖縄の南の海上を北寄りに進んだ。今後も勢力を維持したまま29日に沖縄・奄美、30日に西日本に進み、10月1日には北海道まで日本列島を一気に縦断する見通し。

 航空各社は29日の便で相次いで欠航を決めた。日航グループや全日空などは沖縄や鹿児島の空港を発着する路線を中心に計300便以上が欠航し3万人超に影響が及ぶ。

 29日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄50メートル(70メートル)、奄美45メートル(65メートル)、九州南部23メートル(35メートル)。波の高さは沖縄、奄美13メートル、九州南部7メートル。沖縄では29日に3・0メートルの高潮も予想されている。

 沖縄、奄美は29日、雷を伴う猛烈な雨が降り、30日~1日は西日本から北日本にかけて大雨になる。29日午後6時までの24時間予想雨量は多い地域で沖縄300ミリ、奄美250ミリ、九州南部200ミリ、四国150ミリ、九州北部、東海120ミリ、近畿100ミリ。その後も全国的に降り続ける。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ