大阪・松井知事「命守る行動を」 台風接近で異例の会見

 台風24号の接近に伴い、大阪府の松井一郎知事は29日夕、緊急の記者会見を開き、「まずは自分の命や身体を守ることを第一に行動してもらいたい」と府民に警戒を呼びかけた。

 台風の接近に備えて府知事が会見を開くのは極めて異例。府内では今月4日に上陸した台風21号で、屋外にいるなどした8人が死亡、485人が負傷した。

 松井知事は「24号も21号と同程度の強い勢力を保ったまま接近、上陸する恐れがある」と強調。府民に対し、早めの避難行動や最新の気象情報の確認、不要不急の外出を控えるよう求めた。また、「大阪北部地震で地盤が緩んでいる地域では弱い雨でも土砂災害が発生する恐れがある」として警戒を呼びかけた。

 府は台風の接近に備え、30日正午に防災危機管理指令部会議を開催し、情報収集など災害対応に当たるという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ