台風24号、夜に四国か近畿に上陸へ

 台風24号は30日午前9時現在、種子島付近を時速45キロで北東に進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、最大風速45メートル、最大瞬間風速60メートル。中心の南西側190キロ以内と北東側150キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。中心の南西側460キロ以内と北東側370キロ以内は風速15メートル以上の強風域。夜には四国か近畿に上陸する見通しで、予測通りに進めば10月1日午前6時ごろには岩手・三陸海岸に達し、その後、太平洋に抜けるとみられる。

 台風は強風域の半径が500キロ未満に縮小したため、「大型」ではなく「非常に強い勢力」となった。

 鹿児島県の南大隅町や屋久島町付近では30日、レーダーによる解析の結果、1時間に120ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁が「記録的短時間大雨情報」を発表。同県のトカラ列島・中之島では午前中に54・6メートルの瞬間風速を記録した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ