北海道地震1カ月 「復興に向け着実に歩む」犠牲者悼む住民ら早期の再建目指す

 文具店を営む佐々木郁子さん(81)は「常連さんの笑顔を見ると安心する。余震は怖いけど、頑張ってお店を続けたい」と話していた。

 道によると、道内では6日現在、4市町で430人が避難生活を送る。道は3町で仮設住宅計130戸の建設を進めており、本格的な降雪の始まる11月末までの希望者全員の入居を目指している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ