富田林逃走 神戸でテント万引か 品番、色など一致 捜査本部が裏付けへ

 大阪府警富田林署から逃走した無職、樋田(ひだ)淳也容疑者(30)が加重逃走容疑で逮捕された事件で、樋田容疑者の所持品から見つかったテントが、神戸市内の商業施設で盗まれたとみられることが11日、捜査関係者への取材で分かった。逃走8日目の8月19日に、商業施設に立ち寄ったとみられ、富田林署捜査本部は神戸市内で万引した後に中四国方面に逃走した可能性があるとみている。

 捜査関係者によると、被害届を出しているのは、神戸市垂水区の商業施設にあるアウトドア用品店。店から盗まれたテントと、逮捕時に樋田容疑者の自転車に積まれていたテントの色や製品番号が一致したという。

 所持品からは、この商業施設内の別の店で販売されたリュックサックも見つかった。販売記録などから8月19日に樋田容疑者が購入したとみられ、この日に商業施設内の店舗を回って逃走の長期化に備えた可能性がある。

 樋田容疑者は8月12日に富田林署から逃走。同23日に自転車でしまなみ海道を四国方面に向かって南下しているカメラ映像が確認されており、捜査本部はこの間の足取りの解明を進めている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ