積水ハウス55億円被害 偽造文書行使容疑で地面師グループを逮捕 警視庁

 住宅大手の積水ハウス(大阪市)が東京都内の土地取引に絡み、約55億円をだまし取られた事件で、偽造書類を使い土地の登記を変更しようとしたとして、警視庁捜査2課は16日、電磁的公正証書原本不実記録未遂と偽造有印私文書行使の疑いで、職業不詳、羽毛田(はけた)正美容疑者(63)=東京都足立区足立=と、会社役員、生田剛(つよし)容疑者(46)=渋谷区恵比寿=ら男女8人を逮捕した。

 所有者になりすまして土地を無断で売却する「地面師」グループとみられる。捜査2課は12人の逮捕状を取っており順次、逮捕する方針。羽毛田容疑者は所有者の女性役、生田容疑者は積水ハウスに土地取引を持ちかけた仲介役とみられる。

 主導役の一人とされるカミンスカス操容疑者(58)は数日前にフィリピンに出国。捜査2課は積水ハウスから土地の購入代金をだまし取ったとして、詐欺容疑についても調べる。

 逮捕容疑は平成29年6月1日、品川区西五反田の旅館跡地(約2000平方メートル)の売買をめぐり所有者の名義を変更するため、東京法務局品川出張所に偽造した登記原因証明情報と委任状を提出し、虚偽の登記をしようとしたとしている。いずれも容疑を否認している。カミンスカス容疑者は産経新聞の取材に「関わっていない」と説明していた。

 積水ハウスは63億円を支払ったが、法務局から登記申請を却下されたため土地を取得できず、購入代金のうち回収できなかった約55億5000万円を特別損失に計上していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ