交渉、連絡、手配…リスク分散のため役割分担 積水ハウス地面師事件

 警視庁に8人が逮捕された地面師グループは、土地の所有者や仲介業者などを装って同社との交渉に臨む「実行役」を、連絡・調整役や手配役といった「裏方」が支えるという仕掛けで、積水ハウスを手玉に取った。大がかりな舞台装置は大企業に見抜かれることなく、多額の土地代金を支払わせた。役割の細分化には、捜査当局の摘発リスクを回避する狙いもあったとみられ、警視庁が事件の全容解明を急いでいる。

リスク分散

 「『実行犯』のやつらが確信を持ってやったのかどうか。これが大事や。俺は何をやっていたのか知らないけどな」。今月上旬、東京都内で取材に応じた会社役員の男(63)はこううそぶいた。男は、警視庁捜査2課が地面師グループの首謀者とみて逮捕状を取り、行方を追っている一人だ。同課が強制捜査に乗り出した16日以降、都内の自宅や関係先から姿を消している。

 男は今回の事件で、表舞台には登場していない。もう一人の首謀者で、所有者役を担った羽毛田正美容疑者(63)の「財務担当」として、積水ハウスとの交渉に臨んだとされるカミンスカス操容疑者(58)=強制捜査直前に出国、逮捕状=とは対照的な役回りだ。

 男が裏方に回った背景には、地面師グループの成り立ちが関係しているとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ