KYB製オイルダンパー 群馬の県営住宅4棟で使用 不適合かは「調査中」

 油圧機器メーカーのKYBが製造した免震・制振装置の検査データの改竄(かいざん)問題で、群馬県は18日、高崎市内の県営住宅4棟(計392戸、336世帯)で同社製の制振用オイルダンパーが計146基使用されているのを確認したと発表した。入居者には通知済みで、検査データが改竄された不適合製品かどうかは「調査中」としている。

 県によると、オイルダンパーの使用が確認されたのは、北久保(北久保町)▽城山(城山町)▽東金井(飯塚町)▽鼻高(鼻高町)-の県営住宅4棟。平成17年12月から18年7月までの耐震改修工事で設置された。不適合製品の場合は、速やかに安全性を検証し、必要に応じて交換するようKYBに指示する方針。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ