KYB、未認定の部品使用 免震装置165件 午後、建物名公表

 油圧機器メーカーのKYBと子会社が、国の認定を受けていない免震装置を出荷し、延べ165件の建物に採用されていたことが19日、同社への取材で分かった。認定とは異なる材質の部品や塗料を使っていた。うち113件は、データ改ざんやその疑いのある免震装置を使っている建物として公表した物件とは異なる。主に住宅という。改ざんした可能性のある製品を台湾に輸出していたことも分かった。出荷は少量としており、KYBが詳細の確認を急ぐ。同社の不正が国内外に拡大した。

 KYBは「安全性に問題はない」としているが、管理体制のずさんさが改めて明らかになった。KYBは19日午後、データ改ざんなどがある免震・制振装置を使っている建物986件のうち、不特定多数が利用し、所有者らの了解が得られた建物の具体名を公表する。

 同社によると、免震装置は建物の揺れを抑える免震用オイルダンパー。これに使われている(1)装置の動きに重要な役目を果たすピストン(2)塗料(3)内部からの油漏れなどを防ぐパッキン(シール材)-が、認定を受けた際とは異なる材質だった。「うっかり持ち込んでしまった」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ