積水側と数年前から面識 「仲介役」男、地面師が勧誘

 住宅大手の積水ハウス(大阪市)が約55億円の被害に遭った東京都内の土地取引をめぐる地面師事件で、積水側との交渉窓口になり、地面師グループの「仲介役」だったとされる男が、積水ハウスの担当社員と事件の数年前から知り合いだったことが21日、関係者への取材で分かった。グループ主導役らが、他の不動産業者らとの売却交渉の不調が続く中で、男と社員の関係に目をつけ、仲間に引き入れた疑いがある。警視庁捜査2課は犯行計画の全容解明を進める。

 ■食事会で知り合う

 関係者によると、東京都渋谷区恵比寿、会社役員、生田剛容疑者(46)=偽造有印私文書行使容疑などで逮捕=は平成29年3月末、積水ハウスの男性社員に品川区西五反田の旅館跡地(約2千平方メートル)の土地売却話を持ちかけた。

 売却の構図は、生田容疑者が所有者から土地を60億円で買い取った上で積水側に70億円で転売する-というもの。この打診が事件のきっかけになったという。

 この社員と生田容疑者は26~27年ごろ、芸能プロダクション社長の自宅で開かれた食事会で知り合った。

 食事会には芸能関係者や弁護士らのほか、建築士などの不動産関係者も出席。マンション用地の買収にかかわる部署に在籍していた社員にとって、食事会は物件情報の収集場所にもなっていたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ