「頑張った」、安田さん無事確認に家族ら安堵

 拘束から3年余り。フリージャーナリスト、安田純平さん(44)の解放が確認された24日、家族や知人からは一様に安堵(あんど)の声が漏れた。

 「早く帰ってきて、元気な姿を見せてほしい。『3年間よく頑張った』と声をかけたい」。24日、埼玉県入間市で報道陣の取材に応じた安田さんの父、英昭さん(78)は、かみしめるように話した。

 両親が解放の情報を知ったのは23日深夜。安田さんの妻で歌手のMyu(みゅう)さんから「解放されたみたい。テレビを見て」と連絡があった。無事を祈り毎日のように千羽鶴を折り続けていた母、幸子さん(75)も「どういう状況に置かれていたのか分からないが、とにかくうれしい」と目頭を押さえた。鶴は1万羽を超えたという。

 知人らの間にも喜びが広がった。

 「たった一人でよく頑張った。早く顔を見たい」。親交のあるジャーナリストの高世仁(たかせ・ひとし)さんは声を弾ませる一方、「過酷な環境で長期間拘束されており、大丈夫だろうか」と気遣った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ