KYB、新たに病院など18物件の施設名を公表

 油圧機器メーカーのKYB(東京都)は26日、免震・制振装置の検査データ改竄(かいざん)で、不正やその疑いがある装置が設置された施設18件を新たに公表した。12県にまたがり、愛媛県松山市の県立中央病院など医療施設6件も含まれている。公表は前回の庁舎70件と合わせて88件になったが、民間などで公表の同意を得る作業が進まず、不正やその疑いのある施設983件の約9%にとどまる。

 今回、新たに公表されたのは、建物地下で揺れを抑える免震装置を設置した物件。このうち、石川県立中央病院(金沢市)など大半にあたる11件で改竄の有無が不明とした。

 国の建築基準法に適合しない装置を設置していた施設は、さいたま市の複合公益施設「サウスピア」や愛媛県立中央病院など3件。国基準より厳しく設定した顧客契約の基準値を逸脱した装置を納入していたのは川崎市の川崎幸(さいわい)病院や新潟県の長岡市消防本部庁舎など4件だった。

 国土交通省は同種製品を製造する88社に一斉調査を求め、23日に川金ホールディングス(HD)傘下の2社で改竄が判明した。国交省は、両社を除く81社から「不正の事実はない」との報告を受けているという。0

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ