「アダルトサイトの閲覧姿ばらまく」と偽メール、仮想通貨の詐取多発

 「アダルトサイトを閲覧している姿を録画した」とする偽メールを送りつけて脅し、仮想通貨をだまし取る手口の詐欺被害が相次いでいることが26日、情報セキュリティー会社「トレンドマイクロ」(東京)の調査で分かった。偽メールが最初に発見された9月19日から同月末までに、少なくとも攻撃者側に46件の払い込み計250万円分の被害を確認。このサイバー攻撃は現在も活発で被害額は増え続けているとみられる。

 トレンドマイクロによると、偽メールは不自然な日本語で書かれ、「緊急対応!」「あなたの心の安らぎの問題。」などのタイトルで利用者に送られた。

 偽メールの文面はさまざまなパターンがある。共通しているのは、利用者が閲覧したアダルトサイトに加え、利用者のパソコンに内蔵されたカメラを操作して閲覧中の利用者の様子を記録したとの内容。それらを家族や同僚にばらまくと脅し、550ドル(今月26日現在で約6万1千円)~1千ドル(同約11万2千円)分の仮想通貨「ビットコイン」を支払うよう求めている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ