KYB検査データ改竄、「東洋ゴム」との違いは? 

 油圧機器メーカーのKYB(東京)と子会社による免震・制振装置の検査データ改(かい)竄(ざん)問題は、全国の公共施設で不正の疑いが浮かび、影響が広範囲に及んでいる。同様の不正は、平成27年に発覚した東洋ゴム工業(兵庫県伊丹市)による免震ゴム装置のデータ改竄が記憶に新しい。ともに安全性を担保するはずの免震装置への信頼を大きく損なう不祥事だが、違いや安全性はどうなのか。(江森梓、浜川太一)

 「またか、というのが正直な感想です」。10月中旬、三重県伊勢庁舎(同県伊勢市)の地下に設置されたKYB子会社製の免震オイルダンパー8基で改竄が発覚したことに、県担当者はため息を漏らした。

 同庁舎では、同じく地下に設置されていた東洋ゴム製の免震ゴム44基のデータ改竄が27年に発覚し、交換工事を29年8月に終えたばかり。ダンパーについても、KYBに交換を求める方針だ。担当者は、「企業は違えど、多くの県民が利用する庁舎で不正が相次ぐとは、大変遺憾だ」と憤る。

 相次いで起きた免震装置をめぐる不正。だが厳密に言えば、それぞれの装置の役割は違う。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ