「カネ」に執着 座間9遺体事件から1年、白石被告の素顔

 神奈川県座間市のアパートで昨年10月、男女9人の遺体が見つかった事件は、30日で発覚から1年を迎える。「動機はカネ」「乱暴目的もあった」。強盗強制性交殺人などの罪で起訴された白石隆浩被告(28)は、知り合った若者を襲った手口を淡々と供述。自らの欲求を満たすため、金銭や食事に強い執着を見せる素顔が浮かび上がった。

 今月下旬、犯行現場となったアパート周辺の人通りは少なく、時折通過する電車の音だけが響いた。事件直後、車道に積み上げられた花束は姿を消し、茶色く乾いた花のアレンジメントが1鉢、残っていた。

 約1年前の昨年10月30日。ストーカー被害などを扱う警視庁人身安全関連事案総合対策本部と高尾署の捜査員2人は、男がアパート2階の部屋に入るのを確認。数日前、この男とツイッターで会う約束をした東京都八王子市の女性=当時(23)=の行方が分からなくなっていた。

 捜査員の訪問にドアを開けた男は女性について「知りません」と答えたが、捜査員は6畳ほどの部屋の奥に、女性物のバッグが置かれているのを見逃さなかった。問い詰められた男は落ち着いた口調で「この中です」と、遺体が収容されたクーラーボックスを指差した。捜査関係者は「多数の切断遺体が放置されているとは、誰も想像もしていなかった。もしあのとき、捜査員がバッグに気付かずに立ち去っていたら…」と振り返る。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ