積水ハウス55億円被害事件 地面師メンバーの男逮捕へ

 住宅大手の積水ハウス(大阪市)が約55億円の被害に遭った東京都内の旅館跡地の取引をめぐる地面師事件で、警視庁捜査2課が偽造有印私文書行使などの疑いで、29日午後にも、別事件で逮捕、起訴されて公判中の北田文(ふみ)明(あき)被告(58)を逮捕する方針を固めたことが、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、北田容疑者は地面師グループの一員で、事件を主導した一人とみられる。別の地面師事件で収監中の男(65)とともに計画を立てる際に中心的な役割を果たしたとされ、積水ハウスから受け取った土地代金を分散するための口座開設などを他のメンバーに指示していた疑いがある。

 北田容疑者は、土地所有者の女性になりすましたとされる羽毛田(はけた)正美容疑者(63)らと共謀し、平成29年6月1日、東京都品川区西五反田の土地売買をめぐり、所有者の名義を変更するため法務局に偽造した委任状などを提出し、虚偽登記をしようとした疑いが持たれている。

 捜査2課はこれまでにグループの10人を逮捕。他にも複数のメンバーが関与していたとみて、事件の詳しい経緯を調べている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ