寝屋川中1男女殺害 被告「殺すつもりはなかった」

 平成27年8月に大阪府寝屋川市の中学1年、平田奈津美さん=当時(13)=と同級生の星野凌斗(りょうと)さん=同(12)=が殺害された事件で、2人への殺人罪に問われた山田浩二被告(48)に対する裁判員裁判の初公判が1日、大阪地裁(浅香竜太裁判長)で開かれた。山田被告は罪状認否で「殺すつもりはありませんでした」と述べ、起訴内容を否認。弁護側は傷害致死罪や保護責任者遺棄致死罪にとどまると述べ、殺人罪の成立を争う意向を示した。

 2人に対する殺人罪が成立するかが最大の争点。山田被告は逮捕当初、平田さんを車に連れ込んだことは認めたが、捜査段階の途中で黙秘に転じた。犯行に使われた凶器や目撃証言といった直接証拠は得られていない。

 公判で検察側は、2人の姿や山田被告の車が写った防犯カメラ映像や、山田被告の着衣に2人のDNA型と矛盾しない微物が付着していたことといった状況証拠を積み重ね、立証する方針。

 これに対し弁護側は、平田さん殺害では殺意と刑事責任能力の有無を争い、殺人罪より量刑が軽い傷害致死罪にとどまると主張。星野さん殺害では、体調不良で死亡した可能性を指摘するなどして刑事責任があったとしても保護責任者遺棄致死罪だと位置づけ、死因と殺意の有無を争う。

 起訴状によると、山田被告は大阪府内かその周辺で、27年8月13日午後7時ごろから同11時10分ごろまでの間、平田さんの首を手などで圧迫し、顔に粘着テープを何重にも巻き付けた上、鼻と口をふさぐなどして窒息させて殺害。同日ごろ、星野さんの首を何らかの方法で圧迫し、窒息させて殺害したとしている。

 公判は11回が予定され、11月21日に検察側の論告求刑と弁護側の最終弁論が行われ、12月19日に判決が言い渡される予定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ