安田純平さん会見詳報(5)「私はアラブの名前で『ニダール』と呼ばれていた」

 《内戦下のシリアで2015年6月に拘束され、約3年4カ月ぶりに解放されたジャーナリストの安田純平さん(44)が2日、日本記者クラブで開いた記者会見での説明は、武装勢力に求められてメッセージを書いた経緯に及んだ》

 安田さん「16年5月23日、オレンジ色のTシャツを着て、『助けてください これが最後のチャンスです』という手書きのメッセージを持って(写真を)撮影しました。『日本語で書け』との指示でした。(書いた内容を把握できるように)ある程度、日本語を勉強してから指示したようでした。23日に撮影があり、29日に公開されました。部屋にテレビがあったので、30日に見て、(写真が)流れたのだなと思いました」

 「その後、彼らが話している声が聞こえたのですが、私は『ニダール』と呼ばれていました。アラブの名前で、私をそういう風に呼んでいました。『ニダールはどうするんだ』と言っているのが聞こえて、施設の代表者が『それがね』みたいに言っていたのも聞こえました。(写真の)公開から1カ月後くらいに、(私を施設から)ほうり出すことを考えているのではないかと思っていましたが、一緒に(拘束されて)いる外国人をどうするかが問題で、彼らが喜んでいるような声、皆でお祝いをしている声が聞こえました。彼(外国人)に対する交渉がまとまったのではないかという印象を受けていました」

 《この外国人と同時期に、安田さんも車に乗せられたという》

 安田さん「(自分も)解放されると期待しましたが、別の方向へ向かいました。中継地点まで向かう車の中で『どこに行くのか』と聞くと、トルコだと。しかし、別の車に乗せられて別の場所に行きました」

 《会見場で配布された資料には、詳細な日付とともに、安田さんの拘束生活の経緯が記載されている》

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ