高校生も大麻…大阪の事情

【衝撃事件の核心】

 大麻に手を染める若者が増えている。平成30年1~6月に全国で大麻事件で摘発された20歳未満の少年は、前年同期比で42人増の198人。なかでも大阪府は全国最多の51人(同30人増)だった。若者の「大麻汚染」は、近年流行した危険ドラッグへの規制強化で、逆に従来通りの規制を続ける大麻への移行が進んでいるためとみられる。大麻はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などで比較的簡単に入手できるといい、より強い刺激を求め、覚醒剤の使用につながることから、「ゲートウェイ(入り口)ドラッグ」ともされる。なぜ、大阪の若者の摘発が多いのか。(猿渡友希)

制服姿で喫煙、ズボンから大麻発見

 「最初はまずいと思った」「友人から話を聞いて、興味本位で始めた」

 今年3月、大麻を所持したとして、大阪府警に逮捕された府立高3年の男子生徒(17)は調べに対し、こう供述したという。

 府警によると、2月1日昼、大阪市内のコンビニエンスストア前で、学生服姿の少年3人が喫煙していたところを、府警の警察官が発見した。「平日の昼間に制服姿で喫煙しているのはおかしい」と思い、声をかけると、府立高3年の男子生徒(17)が逃走。追いかけて所持品を検査すると、学生服のズボンの下のスエットからポリ袋に入れた大麻とガラスパイプがみつかった。府警は任意で捜査を続け、3月7日、大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ