台風21号、大阪で信号700基超消える 消えない信号普及せず

 9月に猛威をふるった台風21号は、近畿圏を直撃して2カ月が過ぎた。このうち大阪府内では少なくとも信号機730基が消え、交通に混乱が生じた。大規模災害などで停電した際の備えとして、信号機に非常用電源装置を設ける手法があるが全国的に低調で、同府内では整備率はわずか2・6%にとどまる。さらに、府内で整備されているものの多くは平成7年の阪神大震災後に設置されたため老朽化が目立つ。だが、コストが高く新設が難しいのが現状だ。

 台風21号の直撃から一夜明けた9月5日朝、同府泉南市新家。電柱9本が倒壊し、道路をふさぐなどの被害に見舞われていた。多くの信号機が消え、交差点では車が譲り合いながら進み、至る所で渋滞が発生。やがて警察官が到着し、交差点の中心などに立ち、手旗信号と笛で車を誘導し、次第に渋滞は解消された。

 同所のように、台風21号では関西電力管内(2府6県)で約1400本の電柱が損壊するなどし、延べ約219万戸に及ぶ大規模な停電が起きた。

 このうち大阪府警交通規制課によると、府内では信号機約5千基が曲がるなどし、うち少なくとも730基の信号が消灯。警察官らが交通整理で対応したが、すべてをカバーすることはできなかった。府警がすべての信号の復旧を確認したのは9月12日午後6時ごろ。

 大きな交通事故はなかったが、府警幹部は「非常用電源を備えた信号機が普及していれば、ここまで被害は広がらなかった」と話す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ