ゴーン容疑者出廷詳報(1)やつれた印象も、カリスマ健在 はっきりした口調で「カルロス・ゴーン・ビシャラ」

 《日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)が私的な投資の損失を日産に付け替えたなどとされる特別背任事件で、裁判所が公開の法廷で勾留理由を説明する手続きが8日、東京地裁(多田裕一裁判官)で始まった。世界的なカリスマ経営者が逮捕され、世界に衝撃を与えた「ゴーン・ショック」から1カ月半余り。ゴーン容疑者が初めて公の場に立つことになり、その発言に注目が集まっている》

 《勾留理由の開示手続きは、裁判所が容疑者や被告の勾留を認めた理由を公開の法廷で説明する手続き。ゴーン容疑者の弁護人を務める元東京地検特捜部長の大鶴基成弁護士(63)によると、ゴーン容疑者が損失を日産に付け替えた際、「会社に損失を与えない」と記載された取締役会の議事録の存在が明らかになったとし、「犯罪が成立しないことが判明したため勾留理由の開示を請求した」と説明する》

 《勾留理由の開示手続きが注目されるのも異例だが、勾留理由開示の法廷で傍聴券の抽選が行われるのも極めて異例だ。わずか14の一般傍聴席を求めて1122人の希望者が列を作り、倍率は約80倍にも達した。傍聴席の抽選は通常、開廷のおよそ30分前に整理券の交付が締め切られるケースが多いが、この日は混雑回避などのため開廷1時間40分前の午前8時50分に締め切られた》

 《午前9時18分、100人超の報道陣が待ち構える中、大鶴弁護士ら3人が地裁前に姿を現し、いずれも険しい表情で地裁に入った》

 《午前10時30分。傍聴人で満席の東京地裁425号法廷にダークスーツに白いワイシャツ姿のゴーン容疑者が入廷した。ゴーン容疑者の息子、アンソニー・ゴーン氏(24)は6日付の仏日曜紙ジュルナル・デュ・ディマンシュのインタビューで、「父は真っ向から自己弁護しようとしている。反論に集中し、非常に冷静だ」と話し、勾留中に「10キロ程度やせた」と明かしていたが、実際、かなりやせている。ほおもこけ、やつれた印象だ。多田裁判官が開廷を告げる。ゴーン容疑者が席を立つと、多田裁判官は女性通訳を介して、氏名や生年月日、住所などを尋ねた。いわゆる「人定質問」だ》

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ