日産資金30億円、信用保証狙い融資計画か ゴーン容疑者、アラブの知人側に

 その後、ジュファリ氏は自身の資産約30億円を担保に外資系銀行から「スタンドバイ信用状」を発行し、ゴーン容疑者は追加担保を免れることができた。ジュファリ氏側には21年6月~24年3月、日産子会社「中東日産」(アラブ首長国連邦)から計1470万ドル(現在のレートで約16億円)が送金された。

 特捜部は、ゴーン容疑者が自身の損失の追加担保に約30億円の融資金を充てようとしたとみている。ジュファリ氏側への約16億円については、損失の穴埋めや信用保証の謝礼などに充てられたとの見方を強めている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ