日産資金で30億融資を計画…特捜部、ゴーン容疑者“追撃”へ 若狭氏「サウジ実業家から聴取していないのは証拠弱い」

 ゴーン容疑者の弁護人を務める大鶴基成弁護士は同日の記者会見で、評価損を日産に付け替えたことについて「ゴーン容疑者、日産、銀行の三者間で『日産には金銭的な損失を負わせない』という点が合意されており、取締役会でも議決されていた」と説明。特捜部がゴーン容疑者を逮捕する前にジュファリ氏から事情を聴いていなかったとも強調した。

 元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は「(取締役会で)付け替えが『日産のためになる』と考えた上で議決されたのであれば特別背任罪には当たらない。一方、『ゴーン容疑者の利益になる』と認識して議決されたのであれば、役員全員に特別背任の疑いがかかりかねない」とみる。

 特捜部がジュファリ氏から事情を聴いていないとの指摘については「勾留延長が認められないという想定外の事態で予定より早く逮捕に踏み切る必要があったのかもしれないが、支払いを受けた当事者から話を聴いていないのでは証拠が弱いのではないか」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ