他店舗でもサービス未実施 物件消臭、APAMAN

 昨年12月に起きた札幌市豊平区での爆発で、発生元とされる不動産仲介「アパマンショップ平岸駅前店」で顧客と契約した入居前物件の消臭サービスを実施しないケースがあったことを受け、APAMAN(東京)は11日、他店舗でも同様の未実施があったと明らかにした。平岸駅前店を含め10件以上を確認したといい、さらに調査を続ける。

 同社によると、北海道、東京、福岡の子会社が運営する約100店を対象に調査を実施。平岸駅前店以外の店長からも申告があり、契約書などと照会し、未実施を確認した。さらに増える可能性があるという。

 APAMANの担当者は、子会社の運営店舗ではスプレーによる消臭サービスを取りやめたと説明。未実施については「組織ぐるみではなく、繁忙期に時間が取れないなど業務上のミスだった」としている。

 道警によると、札幌の爆発は男性店長が消臭スプレーの在庫を処分しようと店内で大量噴射し、可燃性ガスに引火したとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ