街路灯壊した疑いで米兵逮捕、沖縄

 沖縄県警那覇署は12日、街路灯を壊したとして器物損壊の疑いで、米陸軍トリイ通信施設(沖縄県読谷村)所属の3等軍曹、ホアン・レイエス・ジュニア容疑者(22)を逮捕した。黙秘している。

 逮捕容疑は、昨年8月30日午後6時ごろから同31日午後5時ごろ、同県座間味村座間味の村道で、村管理の街路灯9本(損害額約142万6千円)を破壊したとしている。

 同署によると、街路灯は高さ約1メートル。村職員が発見した際、9本とも根元付近から折れていた。周辺の聞き込み捜査で不審な外国人の目撃情報があり、容疑者を特定。逮捕状を取り、行方を追っていたところ、パトロール中の署員が12日に那覇市内で発見した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ