北朝鮮漁船が隠岐の島沖で漂流、旗振って救助求める

 島根県隠岐の島町の沖合約350キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内の海上で12日、数人が乗った北朝鮮漁船とみられる船舶が漂流しているのが発見されたことが政府関係者への取材で分かった。同町では8日、北朝鮮漁船とみられる小型木造船が漂着し、4人の男性漁民が島根県警に保護されたばかり。

 政府関係者によると、12日午前9時20分ごろ、同町の北方約350キロの日本のEEZ内で漁船が漂流し、乗員の男性らが旗を振って助けを求めているのを、水産庁の漁業取締船が発見した。

 乗員らは日本の救助を希望せず、日本側は北朝鮮当局に漂流の事実を伝えた上で、救助に駆けつけるよう要請した。漁船に差し迫った危険はなく、現場では水産庁の取締船が状況を見守り、海上保安庁の巡視船も急行している。

 同町では8日午前、漁船が漂着し、4人の男性漁民が上陸。4人は10代後半から30代で、朝鮮沿岸でイカなどを取る漁師だと説明。エンジンの故障で漂着したとし、帰国の意志を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ