竹田会長の会見に苦言 五輪招致疑惑で小池知事

 東京都の小池百合子知事は18日の記者会見で、2020年東京五輪招致疑惑を巡り、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が質疑に応じなかった記者会見の対応について、「せっかくの機会だったので、きちんと発信していただいた方が良かった」と苦言を呈した。疑惑については「機運醸成、さあこれからだというときに残念な思いだ」と述べた。

 小池氏は「都としては、しっかりと準備を加速させる」と強調。JOCには「世界に対して潔白であるということを発信していただきたい」と注文した。

 竹田会長が理事長を務めていた東京大会の招致委員会は既に解散している上、都とは別組織のNPO法人だったとして、小池氏は「情報開示の請求があっても不存在としかお答えようがない」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ