千葉・野田 死亡女児通う小学校に爆破予告 被害なし

 千葉県野田市は1日、父親による虐待死が疑われる同市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が通っていた小学校を爆破すると予告したメールが届いたと発表した。メールは心愛さんの死に触れた上で、「小学校を爆破する 爆破時間は1日午後3時34分ナリ」などと書かれていたが、不審物は見つからず、爆発もなかった。

 メールは市広報広聴課のアドレスに同日午前4時ごろ送信されていた。

 メールは何らかの自動返信メールで届き、送信者のアドレスは不明。同課の職員が同10時半ごろメールを確認し、市教委を通じ、同11時40分に同小に連絡した。同小は午後の授業を中止し、全児童を午後1時45分までに下校させた。

 野田署などが同小の敷地内を点検したが、不審物は見つからず、午後3時34分を過ぎても爆発はなかった。同署は威力業務妨害容疑を視野に捜査している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ