ゴーン被告公判 14日に初協議 東京地裁 整理手続き視野

 ゴーン被告とケリー被告は、平成22~29年度のゴーン被告の報酬を計約91億円過少に記載したとして金商法違反罪で起訴された。

 また、ゴーン被告は20年10月、私的な投資で生じた約18億5000万円の評価損を日産に付け替えたほか、サウジアラビアの知人の会社に21年6月~24年3月、日産子会社から計1470万ドル(約12億8400万円)を入金させたとして会社法違反罪で起訴された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ