「暴行止められず反省」小4女児死亡、逮捕の母供述

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡した事件で、父親の勇一郎容疑者(41)=傷害容疑で逮捕=と共謀し心愛さんに暴行したとして、県警が同容疑で4日に逮捕した母親のなぎさ容疑者(31)が「暴行を止められなかったことを反省している」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かった。県警はなぎさ容疑者が勇一郎容疑者を制止せず、黙認していたとみて詳しい状況を調べている。

 県警は勇一郎容疑者からドメスティックバイオレンス(DV)を受けていた可能性があるとの情報を把握。暴行に積極的に加わっておらず、従属的立場だったとみている。

 なぎさ容疑者の逮捕容疑は勇一郎容疑者と共謀し、1月24日午前10時ごろから午後11時10分ごろ、自宅で冷水シャワーを掛けたり、首付近をわしづかみにしたりして擦り傷を負わせたとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ