日大アメフット悪質反則 内田氏ら書類送付 警視庁、指示「なし」と判断

 日本大アメリカンフットボール部の悪質反則問題で、傷害罪で刑事告訴された日大の内田正人前監督(63)と井上奨前コーチ(30)について、警視庁捜査1課は5日、2人が危険なタックルを指示した事実はなく、共犯、教唆の嫌疑なしとする捜査結果の書類を東京地検立川支部に送付した。2人は立件されない見通し。

 タックルをした宮川泰介選手(20)は故意を認めており、捜査1課は同日、傷害容疑で書類送検。送検容疑は昨年5月、関西学院大選手にタックルし、約4週間のけがをさせたとしている。被害者側との示談が成立しており、検察に判断を委ねる「相当処分」の意見を付けた。

 捜査1課はチーム関係者の聴取や試合映像の解析で、危険行為の指示はなく宮川選手が指示を誤解したと判断。問題をめぐる社会的反響は大きく、昨年秋に主要な捜査を終えた後も地検側と慎重に協議してきた。

 宮川選手は試合後の記者会見で内田氏らの指示だったと説明。日大の第三者委員会は2人の指示を認め、日大は昨年7月に2人を懲戒解雇処分にした。内田氏は無効を求めて日大を提訴している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ