「暴行止めても無駄」と母供述 千葉の小4女児死亡

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡し、傷害容疑で両親が逮捕された事件で、母のなぎさ容疑者(31)が事件当日の父、勇一郎容疑者(41)の行動をめぐり「暴行を止めても無駄だと思った。どうしようもなかった」という趣旨の供述をしていることが7日、捜査関係者への取材で分かった。

 千葉県警は、勇一郎容疑者による暴行をなぎさ容疑者が黙認したとみて捜査。なぎさ容疑者がドメスティックバイオレンス(DV)を受けていたとの情報を把握しており、関与の度合いを慎重に調べている。

 捜査関係者によると、なぎさ容疑者は事件2日前の1月22日ごろから「食事を与えないことがあった」「勇一郎容疑者が娘を起こして立たせ、眠らせないこともあった」と説明。勇一郎容疑者は事件当日の行動を「午前10時から休ませずに立たせた。しつけのつもりで、悪いと思っていない」と供述している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ