小4女児死亡 12月下旬にも暴力か 父親を傷害容疑で再逮捕へ

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡し、傷害容疑で両親が逮捕された事件で、県警が父親の勇一郎容疑者(41)を心愛さんに対する別の傷害の疑いで再逮捕する方針を固めたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。

 勇一郎容疑者と妻のなぎさ容疑者(32)は1月24日、自宅で心愛さんに冷水のシャワーをかけたり、首をわしづかみにしたりしてすり傷を負わせたとして傷害容疑で逮捕された。

 心愛さんの体には複数のあざや皮下出血があり、県警は1月24日以前にも心愛さんに暴行を加えていた疑いがあるとして捜査。その結果、勇一郎容疑者が昨年12月下旬にも心愛さんに暴力を振るった疑いが強まったとして、勾留期限の14日に再逮捕する方針を固めたという。

 心愛さんが通う小学校には始業式があった今年1月7日に勇一郎容疑者が「娘は沖縄。1週間ほど休む」と伝え、同11日にも「1月いっぱい休ませ、2月4日から登校する」と連絡していた。なぎさ容疑者も調べに「(心愛さんの)あざを隠すため、昨年末から外出させなかった」と供述している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ