児童虐待「適切に対処を」 検察長官会同で稲田総長

 全国の地検、高検のトップらが集まる検察長官会同が20日、法務省で開かれ、稲田伸夫検事総長は訓示で「児童虐待については、警察や児童相談所など関係機関と連携協力し、医学的知見の情報収集に努めるなど、適切に対処してほしい」と述べた。

 山下貴司法相も冒頭、「児童虐待事案や性犯罪などへの対応が政府の重要な課題。被害者の保護や支援に関する制度を適切に運用してほしい」とあいさつした。

 裁判員制度は今年5月で開始から10年となる。稲田検事総長は、裁判員の精神的負担を考慮し、裁判所が遺体の写真などの取り調べを認めないケースがあると指摘。「刑事裁判は証拠によって認定されるものだ」として、必要な場合は証拠採用されるよう努めることを求めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ