「黙ってた思いを言いたい」 NGT48山口さんの“卒業論文”全文

 ちょっと待ってください。

 私、山口真帆はNGT48を卒業します。

 きょうはちゃんと紙に書いてきたので、いままで黙ってきた思いを言いたいと思います。

 私はアイドル、そしてこのグループが大好きでした。だからこそ、このグループに変わってほしかったし、自分がつらかったからこそ、同じ仲間たちに同じ思いをしてほしくないとすべてを捨てる覚悟で取った行動でした。

 事件のことを発信した際、社長には「不起訴になった。事件じゃないってことだ」と言われ、そしていまは「会社を攻撃する加害者だ」とまで言われていますが、ただメンバーを守りたい。まじめに活動したい。健全なアイドル活動ができる場所であってほしかっただけ。何をしても不問なこのグループに、もうここには私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました。

 「目をそらしてはいけない問題に対して、そらさないならやめろ」。新生NGTを始められないのがこのグループの答えでした。だけど、この環境を変えなければ、また同じことが繰り返されると思い、きょうまでずっと耐えて、最善を尽くしましたが、私にできたことはほんの少しでした。

 私には人の命より大切なものが何か分かりません。大切な仲間たちが安全にアイドルをできる毎日になってほしいと心から願っています。

 そして、私がこうして世間に発信してからも、寄り添ってくれたのは、玲奈とりこともこ(ママ)でした。みんなの今後が決まったら、この発表をすると決めていました。

 いまの私にNGT48のためにできることは卒業しかありません。

 ファンのみなさまには本当に申し訳ないと思っています。

 たくさんの方が応援してくれて、同じような被害にあった方もメッセージが寄せられ、私を見て、勇気や元気が出たとおっしゃってくださる方もいました。ですが、結果的にこのような形になってしまったこと、その方たちの希望もなくしてしまったのではないかと、とても申し訳ない思いでいっぱいです。

 正しいことをしている人が報われない世の中でも、正しいことをしている人が損をしてしまう世の中ではあってはいけないと私は思います。

 たくさんの方が、私のために自分の時間を削って、私のことを支えてくれました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。今後はみなさん、ご自身のために楽しいことに時間を使い、幸せになってほしいです。みなさんが私に幸せになってほしいと願ってくれたように、私もそう願っています。

 そして、私をいままで支えてくださったファンのみなさん、このような形で卒業することになってしまい、本当に申し訳ありません。

 以前のように歌って踊って、毎週のように握手会があって、お互いに「またね」って言い合いたいのですが、5月5日と6日の握手会で最後の握手会になります。いままで、お休みをさせていただいた握手会もそこで振り替えをさせていただきます。そこで、「またね」の続きができたらうれしいなと思います。そこでは一緒に夢の話をしましょう。そして最終活動日は玲奈とりこと一緒に5月18日の卒業公演になります。

 けができょうの公演に出られていなかったりこと、リハビリを頑張ってまたステージで笑顔で、今度は夢に向かって歩いていく姿をみなさんに見せられることができたらうれしいです。

 私がこれからできることは、いまの苦しい姿ではなくて、笑顔で幸せな姿を見せて、みなさんに元気を与えることだと思います。みなさんが私を助けてくれたように、私も困っている人に手を差し伸べられる人でありたいなと思います。

 一人の人として、またみなさんに愛してもらえるように頑張ります。

 そして、今回のことで、「NGT48にならなきゃよかったんじゃないか」と思うこともありました。だけどやっぱり、こうしてみんなとステージに立って、みんなで公演をして、ファンの方に声援をいただいて、メンバーのみんなやファンのみなさんと出会えたことが幸せです。「NGT48になってよかったな」と思います。

 メンバーのみんなにもファンのみんなにも、これからの人生、まっすぐ生きて、みんなには笑顔で笑っていてほしいなと思います。

 残り1カ月もありませんが、最後まで一人の人としてのNGT48として、みなさんに今度は笑顔でまたお会いできたらうれしいなと思っています。あと少しの間ですが、どうぞよろしくお願いします。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ