相模原の障害者施設殺傷、初公判は来年1月8日 横浜地裁、異例の早期指定

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で平成28年7月、入所者19人が刺殺されるなどした事件で、横浜地裁(青沼潔裁判長)は24日、殺人罪などで起訴された元職員の植松聖(さとし)被告(29)の裁判員裁判の初公判について、来年1月8日に開くと明らかにした。決定は22日付。初公判期日が約9カ月前に指定されるのは異例だ。

 植松被告は検察側の鑑定留置などで刑事責任能力を問えると判断されていたが、複数の関係者によると、植松被告が犯行前に薬物を使用していたことなどから、弁護側は刑事責任能力の有無や程度を争う方針で調整しているという。植松被告は人格障害の一つである「自己愛性パーソナリティー障害」などと診断されていた。その後、完全責任能力があったと判断され、29年2月に殺人など6つの罪で起訴された。

 今年度中に判決が言い渡される見通しで、公判では被害者の多くが匿名で審理される。腹などを刺されて一時意識不明となった入所者、尾野一矢さん(46)の父、剛志さん(75)は「(被告に)今、幸せかどうか、面と向かって聞きたい」と話した。

 起訴状によると、植松被告は28年7月26日未明、入所者の男女19人を刃物で刺すなどして刺殺し、職員を含む24人に重軽傷を負わせたなどとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ