台風3号、東の海上進む 東日本、東北で大雨

 台風3号は28日、東海から関東の南の海上を進んだ。午前中に房総半島付近から東の海上に抜ける見通し。台風が南から運んだ暖かく湿った空気や前線の影響で北陸や東海、関東、東北にかけて大雨になった。気象庁は雨で地盤が緩んだ地域を中心に引き続き土砂災害への警戒を呼び掛けた。

 18日に最大震度6強を観測した地震で揺れが大きかった新潟、山形両県も雨が降り、復旧作業などの際は注意が必要だ。

 気象庁によると、28日は1時間降水量が静岡県南伊豆町で52ミリ、石川県小松市で32・5ミリを観測するなど局地的に激しい雨が降った。29日午前6時までの24時間予想雨量は、いずれも多い地域で北陸80ミリ、関東甲信70ミリ、東海60ミリ。

 台風は28日午前6時現在、千葉県館山市の南南西約60キロの海上を時速60キロで東北東に進んだ。中心気圧は996ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ