台風3号、房総半島の東海上へ 東日本や東北で大雨

 台風3号は28日午前、東海から関東の南の海上を進み、房総半島付近から東の海上に抜けた。台風が南から運んだ暖かく湿った空気や停滞する前線の影響で北陸や東海、関東、東北にかけて大雨になった。気象庁は地盤が緩んだ地域を中心に引き続き土砂災害への警戒を呼び掛けた。

 また、九州南部は気圧の谷の通過に伴って湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になった。各地の気象台によると、今後は宮崎県も28日夕、高知県は29日明け方にかけて落雷や竜巻、急な雨に注意が必要だ。

 気象庁によると、28日は鹿児島県日置市で60ミリ、静岡県南伊豆町で52ミリ、宮崎県えびの市で45・5ミリ、熊本県人吉市で33・5ミリ、石川県小松市で32・5ミリの1時間降水量を観測。29日午前6時までの24時間予想雨量はいずれも多い地域で北陸80ミリ、関東甲信70ミリ、東海60ミリ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ