猛烈な雨、厳重警戒 九州、災害の恐れ 特別警報の可能性も 気象庁緊急会見

 気象庁は3日、梅雨前線の活動が一段と活発になり、3日から4日にかけて、九州を中心に西日本で雷を伴った猛烈な雨が降る恐れがあるとして、土砂災害や浸水、河川の氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。東日本でも非常に激しい雨が降る可能性がある。

 気象庁は緊急記者会見を開き「非常に激しい雨が同じ地域で数時間続く場合は大雨特別警報を発表する可能性がある」とした上で、「自らの命は自らが守るという意識を持ち、早めの避難を」と呼び掛けた。

 気象庁によると、梅雨前線が東シナ海から九州を通って日本の東へ延び、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいる。前線は3日朝から4日にかけて北上し活発化、西日本を中心に大気の状態が非常に不安定となる。

 3日朝からは九州を中心に西日本で1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降り、24時間の雨量が平年の1カ月分を超える地域もある見込みだ。4日午前6時までの24時間予想雨量は、いずれも多い地域で九州南部350ミリ、九州北部300ミリ、四国250ミリ、近畿150ミリ、東海120ミリ、北陸100ミリ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ