京アニ火災 駐日フランス大使や仏アニメ祭からお悔やみ

 【パリ=三井美奈】「京都アニメーション」の火災について、フランスのローラン・ピック駐日大使は18日、哀悼のメッセージを発表し、「犠牲者と家族、京都アニメーションのスタッフに心を寄せる。フランスの連帯の心をお伝えする」と述べた。

 仏東部アヌシーで毎年6月に行われる「国際アニメーション映画祭」の事務局も19日、「先月の映画祭は日本を『名誉国』として取り上げたばかり。火災で多くの犠牲者を出したことを衝撃を持って受け止めた」とするメッセージを出した。

 19日付仏紙リベラシオンは1ページを使って、京都から特派員電を詳報。「同社は京アニの略称で知られていた」「悲しみが世界中にあふれた」として、ツイッターなどで広がるファンの声を伝えた。ルモンド紙(電子版)も18日、「アニメ界が動転した」として、アニメ関係者の反応を伝えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ