台風6号、東日本接近か 週末に大雨の恐れ

 太平洋を北上していた熱帯低気圧は26日午前、紀伊半島の南で台風6号に変わった。27日から28日にかけ東日本の太平洋側に接近し、大雨を降らせる恐れがあるとして、気象庁は土砂災害などへの警戒を呼び掛けた。

 週末に予定されている花火大会などイベントへの影響が懸念されるほか雨風が強まるため海や川、山のレジャーにも注意が必要だ。

 台風は26日午前9時現在、和歌山・潮岬の南南東約430キロを時速20キロで北へ進んだ。中心気圧は1000ヘクトパスカルで、最大風速(最大瞬間風速)は18メートル(25メートル)。中心の東側440キロ以内、西側220キロ以内は風速15メートル以上の強風域。

 今後も北へ進み、紀伊半島付近で東に進路を変え、東海や関東に近づく見通し。27日午前6時までの24時間予想雨量は多い地域で東海150ミリ、関東甲信80ミリ。その後の24時間は東海100~200ミリ、関東甲信100~150ミリ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ