青葉容疑者 複数回に分けて購入 不審に思われないよう準備か

 「京都アニメーション」の第1スタジオで起きた放火事件で、青葉真司容疑者(41)=さいたま市見沼区=が襲撃に使ったガソリンの携行缶や着火剤などを複数回に分けて同じホームセンターで購入していたことが26日、捜査関係者への取材でわかった。

 従業員らに不審に思われないようにしたとみられ、京都府警が経緯などを調べている。府警は同日、青葉容疑者の自宅アパートを家宅捜索し、段ボール5箱とスピーカー数個を押収。自らもやけどを負った青葉容疑者は大阪府内の病院で治療中で、呼び掛けるとまばたきをするなどの反応を示すこともあるが予断を許さない状態で、事情聴取はできていないという。

 一方、京アニの代理人弁護士は同日、専用口座に同日午後3時の時点で、計約6億2178万円の支援金が集まったと明らかにした。ヤフーもネット上で寄付を募ると発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ