台風6号、三重県に上陸 令和初、夜には関東へ 大雨による土砂災害警戒

 台風6号は27日午前7時ごろ、三重県南部に上陸した。台風の日本上陸は令和初。今後は東海を経て進路を東寄りに変え、同日夜には熱帯低気圧に変わって関東甲信に進む見通し。近畿で27日夕方にかけて、東日本で28日昼ごろにかけて雷を伴った大雨になる恐れがある。土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に警戒が必要だ。海や山ではうねりを伴った高波や強風が予想され、行楽の際は危険を回避する対応が求められる。

 台風本体の雨雲がかかった地域のほか、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込んだ地域も大気の状態が安定せず、雨雲が発達した。和歌山市で1時間に47・5ミリ、神奈川県箱根町で35・5ミリ、静岡県伊豆市で29・5ミリの雨が降った。

 台風は27日正午現在、三重県四日市市付近を時速20キロで北北東に進んだ。中心気圧は1002ヘクトパスカル、最大風速18メートル、最大瞬間風速25メートル。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ