台風8号、週明けに九州接近 発達して暴風域伴う恐れ

 台風8号は日本の南の海上を北寄りに進み、4日は小笠原諸島・父島に接近する見通し。急激に風雨が強まるため、気象庁は土砂災害や浸水、河川の増水、高潮に警戒を呼び掛けている。台風は今後、発達して暴風域を伴い、5日午後から6日にかけて九州付近に近づき、通過する恐れがある。また、西日本から東日本の太平洋側では4日以降、台風に伴ううねりが入って波が次第に高くなるため海水浴やマリンスポーツの際は注意が必要だ。

 台風8号は3日午後9時現在、父島の東約410キロを時速約35キロで北西に進んだ。中心気圧は994ヘクトパスカル、最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートル。中心の北東側330キロ以内と南西側170キロ以内は風速15メートルの強風域。

 5日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は小笠原諸島25メートル(35メートル)、九州南部30メートル(45メートル)、九州北部20メートル(30メートル)、四国23メートル(35メートル)。波の高さは小笠原諸島6メートル、九州南部8メートル、九州北部6メートル、四国7メートル、近畿と奄美5メートル。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ