台風8号、九州縦断 宮崎に上陸、猛烈な風雨

 台風8号は6日午前5時ごろ、強い勢力のまま暴風域を伴い宮崎市付近に上陸した。進路を北寄りに変えて九州を縦断し、対馬海峡から6日夜には朝鮮半島に達する見込み。台風の日本上陸は今年に入り2回目。

 6日午前、宮崎市で最大瞬間風速39・6メートルの非常に強い風を観測し、同地点の8月の観測史上最大を更新。宮崎県延岡市では1時間に95・5ミリの猛烈な雨を観測し、同地点の観測史上1位の値を更新した。日航や全日空によると、九州の空港を発着する便を中心に計130便以上の欠航。JR九州によると、運転を見合わせる路線が相次いだ。

 台風8号は6日午前11時現在、佐賀市付近を時速約25キロで北西に進んだ。中心気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートル。風速25メートル以上の暴風域はなくなり、中心の東側220キロ以内と西側170キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ