台風9号「大型で非常に強い台風」へ 10号は小笠原近海北上

 大型で強い台風9号は7日、沖縄・石垣島の南東の海上を時速15キロで北寄りに進んだ。8日午後9時には石垣島の南約80キロに達して「大型で非常に強い台風」になる見込み。気象庁は沖縄で8日から9日にかけて暴風やうねりを伴った高波、大雨や高潮に厳重に警戒するよう呼び掛けた。

 7日午後9時現在、中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径200キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。

 8日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄45メートル(60メートル)、波の高さは沖縄12メートル、奄美7メートル。沖縄の8日午後6時までの24時間予想雨量は100ミリ。その後の24時間は200~300ミリ。

 一方、大型の台風10号は小笠原近海を北寄りに進んでいる。進路予測を示す予報円が大きく、接近・上陸する恐れがある範囲は東日本から西日本まで広がっており、今後の進路や速度に注意が必要だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ