台風9号、先島諸島を北上 沖縄に暴風警戒呼び掛け

 大型で非常に強い台風9号は先島諸島の北を北上し、周辺の海上は猛烈なしけとなっている。気象庁は9日、沖縄地方では暴風が続くとして、厳重な警戒を呼び掛けた。高波への注意も必要だ。

 台風の接近に伴って、沖縄地方には暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となる。発達した雨雲がかかるため、9日昼前にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降る見込みだ。

 同庁によると、9日午前6時現在、台風9号は石垣島の北約180キロを時速約25キロの速さで北北西へ進んだ。中心の気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心から半径190キロ以内では風速25メートル以上の暴風域。

 10日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄35メートル(50メートル)、波の高さは沖縄12メートル、奄美7メートル。10日午前6時までの24時間予想雨量は沖縄の多い所で200ミリ。その後の24時間は50~100ミリになるとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ